ブログ名を考えられない人のブログ

思いついたことを書いていきます

iPhoneはボジョレヌーボーに勝てるのか

きっと勝てるはずです、そう、iPhoneならね。

 

この記事を見て得られること

 

iPhoneが初代に比べてどのように性能アップしているか」

AppleiPhoneをどのように旧製品との比較してきたか」

ボジョレーの無謀さ」

多分。

 

こんにちは、昨日お風呂に入ってたらふとこんなことを思いつきました(?)

 

iPhoneってもはや何%高速なんだよ」

 

というのも最近広告で

 

iPhone○ は最大○倍高速です”

 

というのを毎年見かける気がする。 そう、毎年である。

 

ここで似たようなものをふと思い出す、こいつだ

 

f:id:takonasu88:20191002234623p:plain

ボジョレヌーボー

こいつは毎年出来がよくなることで有名ではないか!(ほんとか?)

 

思ったわけだ、ボジョレヌーボーよりもiPhoneの方が数倍性能が良いのではないだろうか。 そう、iPhoneならね。

 

ということで歴代の 「ボジョレヌーボー」 と 「iPhone」 を比較しつつ、iPhoneの性能変化を追っていく。

 

 

 

 

・歴代のiPhoneの「高速キャッチコピー」

iPhoneはホームページに 最大○%高速 と書かれることが多い。

しかしながら過去のAppleのページはすでに閉鎖されてしまっており調査できない。

よって https://web.archive.org/ で気合いによって調査することにする。

なお、調査対象は iPhone3GS - iPhone11 である。同じチップ(CPU)を使用している製品は省いた。

 

そして同時にその年度のボジョレヌーボーの評価もまとめていく。

 

ボジョレーの評価はこちらを参考にした。

https://www.around45.site/entry/beaujolais-nouveau2019-catchcopy

 

まとめたのち、比較のための計算を行う。

2009年 iPhone3GS

「最大2倍高速」

 

ボジョレー「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に1度の出来栄え」

 

日本で最初のiPhoneの方が50年に1度の衝撃な気がするけどなあ

f:id:takonasu88:20191003000328p:plain

iPhone3GSのホームページ

2010年 iPhone4

ここでやっと A4チップ が使われ始めるものの、

何倍高速になったかの記述はなし!!

仕様のページも調べたものの記述は見当たらず・・・

 

ボジョレー「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」

 

iPhone4も昨年並みの仕上がりだったのだろうか・・・

f:id:takonasu88:20191003000531p:plain

iPhone4のホームページ

 

2011年 iPhone4S

「最大2倍高速、グラフィックスは最大7倍高速」 A5チップ 。

 

ボジョレー「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」

 

2003年にはiPhoneはないし、iPhone4Sもこの段階では21世紀最高の出来栄えだろう。

f:id:takonasu88:20191003001559p:plain

iPhone4Sのホームページ

 

2012年 iPhone5

「最大2倍高速 グラフィックスも最大2倍高速」 A6チップ。

 

ボジョレー「ボジョレー史上最悪の不作」

 

iPhone5といえば形が初めて縦長になった。それを皮肉っているのだろうか。

f:id:takonasu88:20191003002324p:plain

iPhone5のホームページ

 

そろそろ疲れてきたよ・・・

 

2013年 iPhone5s

「最大2倍高速」A7チップ。

 

ボジョレー「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」

 

このチップから64ビットになったのでみずみずしさが感じられる。(ほんまか?

f:id:takonasu88:20191003003437p:plain

iPhone5Sのホームページ

 

2014年 iPhone6

「初代より50倍高速, グラフィックは最大84倍高速」A8チップ。

 

ボジョレー「2009年の50年に一度のできを超える味わい」

 

確かに50年に一度のできを超えたわ。え、なんで初代と比較しちゃったよ・・・

 

f:id:takonasu88:20191003003738p:plain

iPhone6のホームページ

2015年 iPhone6s

「最大70%高速 グラフィックスも最大90%高速」A9チップ。

 

ボジョレー「今世紀で最高の出来」

 

2倍とかでなく70%となってきたあたり怪しいが今世紀最高なのは間違いない。

f:id:takonasu88:20191003003033p:plain

iPhone6Sのホームページ

 

2016年 iPhone7

iPhone6 より2倍高速」A10 Fusionチップ。

ボジョレー「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」

 

2世代前の端末と比較し始めたあたり酸味を感じられる。果たしてエレガントなのだろうか。まぁ初代と比較するよりかはエレガントかな!

f:id:takonasu88:20191003003216p:plain

iPhone7のホームページ

 

2017年 iPhoneX

「最大70%高速 グラフィックスも最大30%高速」A11 Bionicチップ。

 

ボジョレー「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」

 

確かにしなやかなデザインが採用された。しかもフラッシュで輝かしい。

 

f:id:takonasu88:20191003010454p:plain

 

2018年 iPhoneXR

「最大15%高速 グラフィックスも最大50%高速」A12 Bionicチップ。

 

ボジョレー「理想的な条件の元、素晴らしいヴィンテージへの期待高まる」

 

もはやグラフィックスの方が伸び代があるってことだね、グラフィックスげの期待が高まる。うん。

 

f:id:takonasu88:20191003010913p:plain

iPhoneXRのホームページ


 

ほんまか?

 

 

・そして計算をする

なんかiPhoneは途中で初代と比較し始めた(iPhone6)ので、それを基準にする。

iPhone初代の性能を1としよう。

 

 

iPhone6の性能は初代の50倍なのであるから、iPhone6の性能は50と表せる。

 

2015年 iPhone6s

「最大70%高速 グラフィックスも最大90%高速」A9チップ。

⇨85 

2016年 iPhone7

iPhone6 より2倍高速」A10 Fusionチップ。

⇨100

2017年 iPhoneX

「最大70%高速 グラフィックスも最大30%高速」A11 Bionicチップ。

⇨170

2018年 iPhoneXR

「最大15%高速 グラフィックスも最大50%高速」A12 Bionicチップ。

195.5

 

よって初代iPhoneに比べて、広告だけで考えたら200倍にもなってるっていうことですね!!!!僕はこれだけが知りたかったです。

  

ボジョレー関係ない) 

 

おまけ iPhone11

iPhone11(A13 Bionic チップ) ではチップの性能を比較していません。

なんか諭されます()

f:id:takonasu88:20191003011922p:plain

iPhone11のホームページ

知らんがな(´・ω・`)

 

仕方ないので、同じチップを使っているiPhone11 Proのページを見ると

f:id:takonasu88:20191003012002p:plain

iPhone11 Proのホームページ

ありました!

 

「最大20%高速 グラフィックスも最大20%高速」

 

234.6

 

 

以上、iPhoneはどのように性能が比較されてきたかの推移でした(あれ?

 

最後までお付き合いありがとうございました

ノシ